劇画・絵師草紙                                                                                        Comic: A Painter's Story
 

 



 

 



 

 

 
 「絵師草紙」は間違いなく中世絵巻の代表作の一つである。絵師自身の悲喜こもごもの運命というユニークなテーマもさることながら、誇張していて的確な群像、予想を裏切る物語の展開、そしてあまりにも注目されていない絵師の矜持ある告白、どれを取り上げてみても貴重なものである。
 ここに、あらためて物語に親しんでもらうために、「動く四コマ漫画」の体裁を編み出して同絵巻を表現してみた。画像はあくまでも原作から切り取ることに止まり、文字は原作の詞書を抜き出して超訳を試みた。いわば古典作品に対する現代語訳にならぬ、絵巻に対する「まんが訳」である。
 用いる絵巻の底本には、あえて国会図書館蔵の模写を選んだ。中世の絵巻を見慣れた視線にも新鮮感があって、よりコミカルで漫画っぽい。

                       
二〇一六年、夏の終わりのカルガリーにて

楊 暁捷 X. Jie YANG

スタート

           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
                                                                  制作: 楊 暁捷(X. Jie YANG), 2016.08