音読・福富草子絵巻

Narration: The Tale of Fukutomi


朗読:楊  暁捷・吉橋さやか 
製作:楊暁捷(X. Jie Yang)

 

           上 巻         下 巻
第一段       幣作り 第一段       家族で社へ
第ニ段       秀武、社へ 第二段       秀武邸の富裕ぶり
第三段       秀武が祈る 第三段       羨む福富夫婦
第四段       寝物語 第四段       弟子入り
第五段       夢解き 第五段       福富、中将邸へ
第六段       陰陽師前で放屁の芸 第六段       福富、打擲される
第七段       街で芸を披露する 第七段       家路に辿る福富
第八段       中将邸に招かれる 第八段       福富妻の早とちり
第九段       中将邸で見せ場を作る 第九段       服を焼く
第十段       褒美を持ち帰る 第十段       震える福富
第十一段       喜ぶ家人 第十一段       医者に薬を貰う
    第十二段       薬を飲ませる
    第十三段       腰を踏む
    第十四段       カラスに呪詛
    第十五段       路上で秀武に噛み付く
(FirefoxeなどIE以外のブラウザーは、縦書きのテキストに対応しないことがある。)

  文字テキストについて:
  この絵巻について、『福富草紙』(春浦院本)の存在が早くから注目を集め、「日本絵巻物全集・18」「日本絵巻大成・25」などに収録され、翻刻紹介されている。
 
立教大学図書館所蔵本の翻刻や読み下しを作成するにあたり、吉橋さやか氏の翻刻(2008年秋に刊行予定)を参照した。
 
なお、この絵巻の詞書には、意図的な空白、それに意味の読み取れない文字が多数存在している。文字テキストの性格、詞書の作成やその伝承を考える上で全般的に捉えなおす必要もあると思われる。

戻る