絵巻詞書集

 前九年合戦絵詞
第二段

  ←第三段

第一段→ 


安大夫あんだいふ頼時よりときがむこ藤原経清ふぢはらのつねきよ平永衡たひらのながひらといふ者あり
大夫すてに謀叛むほんするをみてしうとをそむきて国府こふ
へまいれる或者あるもの将軍しゃうぐん語云かたりていはく永衡ながひらかたまいれりと
いへども内心ないしんにはさだめて安大夫をわすれじ外には帰伏きふく
有様ありさましめし毒害どくがいの心あらんかつねに御方のいくさ有様ありさま
をつげやらんため也永衡はこれ前司ぜんし登任なりたう郎等らうとう当国たうこく
下向げかうしてあつくおんかぶりて一ぐむりゃうしかるを大夫がむこ
なりてのち国司こくしと大夫と相戦間あひたたかふあいだ大夫がかたより重恩ぢうをん
しうたるものいはむやちゃくするところの甲銀かぶとしろがねにして人に
にずこれたたかいあいだ太夫がつは物にみしられていられじとかまへたる
事也すみやかにこれをきらるべしと云将軍この事を用て
永衡ながひらきりむねとある郎等らうとう四人おなじくこれを切つここに経清つねきよおそれ
いだきやすき心なしひそか郎等らうとうらに語云かたりていはく前車ぜんしゃくつがへる後車こうしゃのつつ
しみなり十郎すでにきられぬわれいづれの日かしなむとすれ郎等
きみふた心なく将軍に仕つかへんと思へり然而しかれども讒言ざんげむかならず出来いできたりやすき
なからんはやにげもとごとく安大夫にしたがひ給ねきみひとり
ししむらたらんにほぞくふとも甲斐かいあらじここに経清支度したく
めぐらして将軍に申云大夫兵を国府へまはして守の
妻子めこうばはむとする也といふ将軍これききて大におどろきて国府
むかひ給ひぬそのまぎれに経清わたくし郎等らうとう八百人をあい
て大夫がもと逃帰にげかへり種々しゅ/\悪行あくぎゃうをいたすあいだこと経清つねきよ
誅罰ちうばつすべきよし思ふかし