絵巻詞書集

  源氏物語絵巻
若紫

  ← 末摘花


「なんともいはざし。いりてせうそこせよ」
と、のたまへば、まづ、人をいれていはす。「わざと、かく
たちよらせたまへること」ゝ、いはせたれば、いり
【読み下し】
「なんとも言はざ(り)し。入りて消息せよ」
と、の給へば、まづ人を入れて言はす。「わざと、かく
立ち寄らせ給へること」と、言はせたれば、入り