絵巻詞書集

 後三年合戦絵詞
序文

  ←上巻第一段

朝家に文武の二道あり互ひに政理を扶く山門に顕密の
両宗あり各々護持を致すこれ聖代明時の洪業より
出て神明仏陀の余化にあらずといふこと無し然るに本朝
神武天皇五十六代清和天皇の御子貞純親王六代の後胤
伊与予守源頼義朝臣の嫡男陸奥守義家朝臣八幡殿と号す
堀河院御宇永保国年に奥州の任に赴く爰にみちのくに
奥六郡を領せし鎮守府将軍清原武則が孫荒河太郎
武貞が子真衡が富有の奢過分の行跡より起りて一族ながら
郎従となれりし秀武ふかきうらみをふくみて合戦をいたす
其余映広に及てつゐに武衡家衡をせめられしに大軍ちからを
つくし勇士名をあぐる戦その数をしらず此間に大将軍陸奥守の
武徳威勢上代にもましすくなく漢家にも又稀なり所謂
雪の中に人をあたたむる仁心は陽和の気膚にふくみ雲の外に
雁を知る智略は天性の才胸に蓄ふ或は士卒甲臆の座計ごとを
もて人をはげまし或は凶徒没落の期掌をさしてこれをしめす
仍て寛治五年十一月十四日夜大敵すでに滅亡して残党悉く誅に
伏す其後解状を勒して奏聞叡感尤太し俗呼てこれを
八幡殿の後三年の軍と称す星霜は多くあらたまれども彼
嘉名は朽ることなし源流広く施して今に至りて又弥新なり古
来の美歎誰か其徳を仰がざらん世上の知る処猶ゆくすゑに
伝へ示さん事を思ふ後漢の二十八将其形を凌雲台に写す
本朝賢聖障子名士を紫寝殿に図せらる故に今此絵を
調へ置かしむる所なり就中に清和御代殊に吾山の仏法を崇御す
其往好を思ふに流を斟ては必ず源を尋ぬべきことはりあり況や
又当時天下の静謐海内の安全しかしながら源氏の威光山王の
擁護なり是等の来由につきて此画図東塔南谷の衆議として
其功を終ふ狂言戯論の端といふことなかれ児童幼学のこころを
すすめて讃仰の窓中時々是を披て永日閑夜の寂冥をなぐ
さめ家郷の望の外よりよりこれを翫て潮風弄月の吟詠に
まじへんとなり後素精微のうるはしき丹青の花春常に
とどまり能筆絶妙の姿金石の銘古にはづべからず彼此
共に益あり老少同じく感ぜざらめや于時貞和三年
法印権大憎都玄慧一谷の衆命に応じて大綱の小序を
記すといふことしかり

Vertical layout provided by htvR.js