絵巻詞書集

 後三年合戦絵詞
上巻・第五段

  ←中巻第一段

第四段→ 


柵をせむる事日数におよぶといへどもいまだおとし
えず将軍の兵ども心をはげまさむとて日ごとに
甲乙の座をなむ定ける日にとりて甲にみゆる
ものどもを一座にすへ臆病に見ゆる者を一座に
すへけりおのおの臆病の座につかじとはげみ
たたかふといへども日ごとに甲の座につくものは
かたかりけり腰滝口季方なむ一度も臆の座
につかざりけりかたへもこれをほめ感ぜずといふ
ことなし季方は義家が郎等なり将軍の郎等
どもの中に名を得たる兵共の中に今度こと
に臆病なりときこゆる者すべて五人ありけり
是を略頌につくりけり鏑の音きかじとて耳をふさ
ぐ甲の者紀七高七宮藤三腰滝口末四郎末四郎
といふは末割四郎惟弘がことなり