絵巻詞書集

  伊勢物語絵巻
第一段

  ← 第五段


昔、男、うゐ冠して、ならの京、春日
のさとにしるよしゝて、かりにいにけり。
その里に、いとなまめいたる女はらから
すみけり。此男、かいまみてけり。おもほえ
ずふるさとに、いとはしたなくてありけれ
ば、心地まどひてけり。おとこのきたり
けるかりぎぬのすそをきりて、うた
をかきてやる。そのおとこ、しのぶずり
のかりぎぬをなむきたりける。
 春日野のわかむらさきのすりごろも
 しのぶのみだれかぎりしられず
となむをいつきていひやりける。つい
でおもしろきことゝや思けむ。
【読み下し】
昔、男、初冠して、平城の京、春日
の里に知る由して、狩りに往にけり。
その里に、いとなまめいたる女同胞
住みけり。此の男、垣間見てけり。思ほえ
ず故郷に、いと半端なくて在りけれ
ば、心地惑ひてけり。男の着たり
ける狩衣の裾を切りて、歌
を書きて遣る。その男、忍摺り
の狩衣をなむ着たりける。
 春日野の若紫の摺り衣
 忍ぶの乱れ限り知られず
となむ追い付きて言ひ遣りける。つい
で面白きこととや思ひけむ。