絵巻詞書集

  伊勢物語絵巻
第五段

  ← 第二十七段

第一段→ 


むかし、おとこありけり。東の五条
わたりにいとしのびていきけり。みそ
かなる所なれば、かどよりしもいらで、
わらはべのふみあけたるついひぢの
くづれよりかよいけり。ひとしげくも
あらねど、たびかなりければ、あるじ
きゝつけて、そのかよひ地に、夜ごと
に人をすへてまもらせければ、いけども
えあはでかへりけり。さてよめる。
 人しれぬわがかよひ地のせきもりは
 よひ/\ごとにうちもねなゝむ
とよめりければ、いといたう心やみけり。
あるじゆるしてけり。
【読み下し】
昔、男有りけり。東の五条
辺にいと忍びて行きけり。密
なる所なれば、門よりしも入らで、
童べの踏み開けたる築地の
崩れより通いけり。人繁くも
あらねど度重なりければ、主
聞きつけて、その通ひ地に、夜毎
に人を据へて目守らせければ、行けども
え逢はで帰りけり。さて詠める。
 人知れぬ我が通ひ地の関守は
 宵々毎にうちも寝ななむ
と詠めりければ、いと痛う心病みけり。
主許してけり。