絵巻詞書集

 蒙古襲来絵詞
上巻・第一段

  ←第二段


おきのはまにぐんびやうそのかずをしらずう
ちたつすゑなが一もんの人々あまたあるなかに
ゑだの又太郎ひでいゑことに中うけ給はる
によりてかぶとをきかへてこれをしるしにてあ
ひたがひにみつくべきよしを申すところに
いぞくあかさかにぢんをとるにつきて一もんの人々
あひむかふにだいしやうぐんだざいのせうに三郎ざへ
もんかげすけのだの三郎二郎すけしげをもて
ゑだの又太郎ひでいゑのもとにげんざんにいり候
し時一しよにてかせん候べきよし申候きあかさか
はむまのあしだちわろく候これにひかへ候は
だめてよせきたり候はんずらん一どうにかけて
をものいにいるべきよし申さるにつきてげん
じちのやくそくをたがへじとてをの/\ひかへしあひだ
たいしやうをあひまたばいくさをそかるべきほどに
一もんのなかにてすゑながひごのくにのさきをかけ
候はんと申てうちいづ

Vertical layout provided by htvR.js