絵巻詞書集

 蒙古襲来絵詞
下巻・第十段

  ←第十一段

第九段→ 


おほしといへどもきくちの二郎たけふさ
文永の合戦になをあげしをもてたけふ□
のかためし役所の石つい地のまへにうちむかて
将軍の兵船は本ばしらを白くきにぬりて
しるく候とうけ給候をしむかてひとやい候て
君のげざむにまかり人候はむためにあひむ
かひ候御存命候半御披露候へといひてうち
とをる