絵巻詞書集

 蒙古襲来絵詞
下巻・第十五段

  ←第十六段

第十四段→ 


□すもりの御事□□
□の人これをはんじ申□をよそけんじやうにあ
つかる人百二十余人なりといへどもぢきに
御下文を給はり御むまを給る事た
季長一人ばかりなり弓箭の面目をほど
こす事なに事かこれにしかむ文永
きをすたかすはいかでかこのめ□□
にとむべきや向後も又
君の御大事あらん時は最前にさきをかく
べきなりこれをけふのごとすべし
永仁元年二月九日