絵巻詞書集

  東征伝絵巻
巻一第三段

  ← 巻一第四段

巻一第二段→ 


又大明寺にして経論を講讃せられし時、
石の塔婆よりひかりをはなちたまひき。
あるときは集会の中の邪見のともから
を降伏したまはんために、三目六臂の
身を現して、般若仙となのりまし/\き。
行化の奇特、凡聖はかることをえんや。