絵巻詞書集

 病草紙
身肥え

  ← 五寸の法師

息の香→ 


ちかごろ、七条わたりにかしあげする
女あり。いゑとみ、食ゆたかなるがゆへ
に、身こえ、しゝあまりて、行歩たや
すからず。まかたちのおんな、あひ
たすくといへども、あせをながして
あえたく、とてもかくてもくるしみ
つきぬものなり。
【読み下し】
近頃、七条辺に借上する
女あり。家富み、食豊かなるが故
に、身肥え、肉余りて、行歩容易
からず。婢の女、相
助くと雖も、汗を流して
喘たく、とてもかくても苦しみ
尽きぬものなり。