音読・男衾三郎絵詞

Narration: A Scroll of Warrior Obusuma Saburo


製作・朗読:  楊暁捷(X. Jie Yang)

 

第二段

(現代語訳) 

次の一段 原文 ダウンロード 先の一段

男衾三郎、兄には一様変はりたり。「弓矢取る物の
家よく作りては、何かはせん。庭草引くな、俄事のあらん時、乗
飼にせんずるぞ。馬庭の末に生首絶やすな、切り懸けよ。
此の門外通らん乞食・修行者めらは、益ある物ぞ、蟇目鏑
にて、駆け立て/\追物射にせよ。若者共、政澄、武勇の家
に生まれたれば、其の道を嗜むべし。月花に心を
清まして、哥を詠み、管絃を習ひては、何のせんかあらん。軍の
陣に向かひて、箏を弾き、笛を吹くべきか。この家の中にあらん
ものどもは、女・女童に至るまで、習ふべくは、この身嗜
め、荒馬従へ、馳け引きして、大矢・強弓好むべし。惣
じては、兵の見目よき妻持ちたるは、命脆き相ぞ。
八ケ国の内ニ、優れたらん見目わるがな」と願ひて、久目田
四郎の女を迎へて、夫妻とぞ頼まれける。丈は七尺ばかり、髪は
縮みあがりて、元結の際に蟠る。顔ニハ鼻よりほか、又見ゆる
ものなし。へ文字ロなる口つきより、言ひ出す言葉、殊にはかばかしき
事はなかりけり。男子三人、女子二人出でき給へり。

目次へ