B.H. Far 助教授の公開講座


Go to English version


Electronic Syllabuses, Faculty of Engineering

Electronic Syllabuses Search Engine

Lectures' Timetable

Foreign Students Guide

Department of Information and Computer Sciences: Introduction

Abstract of Lectures: Information and Computer Sciences (BSc. Degree)

Guide to Curriculum: Major in Information Engineering (MSc. Degree)

Guide to Curriculum (Ph.D. Degree)

Curriculum: Course in information and Numerical Sciences (Ph.D. Degree)

  1. HTMLとCGI入門コース
    (学部1年生及び一般向け)
    4週間でHTMLとCGIをマスターしましょう!
    『HTMLとCGI入門コース』はHTMLの基礎から高度な テクニック までを step by step で独習できる入門講座です。 各章末にある理解度 テストはオンラインで自動採点されます。 また、講座のテキスト (130p., LaTeX, PostScript と PDF, 日本語) は自由に ダウンロード 可能です。 本講座は、1995年に日本国内で初めての WWW上のHTMLとCGI講座として開始されました。 現在は、毎日約300人が本講座にアクセスしています。 本講座は、米国ネットスケープ コミュニケーションズの 日本語WWWサイトのおすすめページ の一つとしてとり上げられています。 あなたも 遠隔授業を受けてみませんか

  2. 計算機通論
    (学部1年生向け)
    本講義では、次の基礎概念についてその理解を深める。
    ソフトウェアとハードウェア、アルゴリズム(処理の流れ)、 フローチャート、PAD、HCP チャート、 Cプログラミング入門、 データ: データの記述とデータ構造、 処理の流れの制御、入出力と文字処理、 配列とポインター、関数、ソフトウェア設計。

  3. オートマトンと形式言語 (53130)
    (学部2年生向け。自動採点テストもあります。)
    本講義では、オートマトン及び形式言語理論の次の基礎概念 についてその理解を深める。
    順序機械, 有限オートマトン, 正則表現, 正則文法, 文脈自由文法, プッシュダウンオートマトン, チューリングマシンについて述べる。

  4. ソフトウェア工学 (53160)
    (学部3年生向け)
    システム製品の開発を取り巻く環境の知識を与え、特にオブジェクト指向ソフトウェアについて標準的な作業工程の原理と作業方法を学ぶ。経験を通じてチームワークなどの対人関係、文書レビューなど品質管理の原理やTQCを学ぶ。従来のソフトウェア開発構造的な設計方法及び現在のUMLによるオブジェクト指向設計方法を学ぶ。

  5. 知識工学 (53240)
    (学部3年生向け)
    知識表現のための手法と推論方法を合わせてエキスパートシステム の実例につい て学ぶ。具体的にはプロダクションシステム、フレーム、 意味ネット、述語論理 などにおける知識の表現法と利用について述べる。

  6. 知能工学特論 (TI-23)
    (博士課程前期向け)
    知識の取扱を中心とし,人工知能の歴史と将来,知識獲得, 機械学習,階層構造をもった知識ベース,定性推論,類似推論, 不確実管理,Bayesian ネットワーク,事例ベース推論, 分散型AI,分散型オブジェクトなどについて解説する.

  7. 情報管理法輪講 (TI-24)
    (博士課程前期向け)
    情報の取扱を中心とし,情報文書整理,データベース, 情報アクセス方法,WWW上の文書管理,ネットワーク上 のアクセス方法,情報セキュリティーなどについて解説する.

  8. 分散型システム特論 (D 431)
    (博士課程後期向け)
    分散型システムを中心とし,分散型システム理論,分散型 人工知能DAI, 分散型オブジェクトCORBAとDCOM,クライアント サーバーシステム,2層/3層システム設計,オブジェクト指向, セキュリティーなどについて解説する.

  9. 情報工学実験II:RDBMS (53040)
    (学部3年生向け)


All slides and notes can be viewed on-line using Netscape Navigator or MSIE (version 3.x or later) browsers. Copies of the slides in Portable Document Format (PDF), and QuickTime movie format are available for on-line download. Please see the COPYRIGHT terms below before downloading the files.
All Unix, PC and MAC users can download, view and print the PDF version of the documents using Adobe's Acrobat Reader version 3.x or later.



Copyright Terms.
THIS DOCUMENT AND ITS ENTIRE CONTENTS ARE COPYRIGHT 1995 BY B.H. FAR. COPYING, REPUBLISHING AND DISTRIBUTING THIS DOCUMENT IN WHOLE OR IN PART AS WELL AS SELLING THIS DOCUMENT IS PROHIBITED BY LAW. IF YOU WANT TO MIRROR OR REPUBLISH PARTS OF THIS DOCUMENT IN ELECTRONIC FORM, PLEASE CONTACT THE AUTHOR . THIS DOCUMENT IS MADE AVAILABLE AS IT IS, WITH NO WARRANTY ABOUT THE DOCUMENT ITSELF OR ITS PERFORMANCE OR ITS CONFORMITY TO ANY SPECIFICATION.
This page was created by B.H. Far. Please visit my Lab's Home page and please contact
far@cit.ics.saitama-u.ac.jp
for any suggestions or comments.

Go to my Home Page:

B.H. Far's English home pageEnglish

B.H. Far's Japanese home pageJapanese