This is the publication list of Dr. Behrouz Homayoun Far.
Copies of most of the papers in PDF format are available on-line for preview only. You can preview the electronic PDF papers using Adobe's free Acrobat Reader 4.x or better.
Please note that due to Copyright Transfer Policy of the representative publishers the electronic PDF papers cannot be printed. If you wish to have an electronic printable version of the PDF files please contact me via e-mail, mentioning your name and affiliation, your contact address, papers' title and publication year in the body of your message.
Go to B.H. Far Home Page
How to view PDF files.

P
U
B
L
I
S
H
E
D

P
A
P
E
R
S

1
9
9
7
 
   Research Doc. 1997-01 Click to download PDF version
Authors(s): 陳 慧, B.H. ファー, 堤 永保, 河野 善彌,
Title:
"ソフトウェアクリエーション: PADを用いるIntelligent CASEツールの試み" (An Experimental Intelligent CASE Tool),
Transactions/Magazines/Conferences:
電子情報通信学会知能ソフトウェア工学研究会, KBSE96-30, pp. 31-36, Saitama, Japan, January, 1997.
Abstract
現在のCASEツールは簡単にドキュメントを作図することができるが、その省力効果は、全体の10%程度の工数を占める文書化作業の一部分を省力化するにすぎない。より大きな省力化をするには、作図より上位の知的な設計作案を自動化する必要がある。本論文は知的CASEツール、すなわちソフトウェアの設計を自動的に行なうシステムについて述べる。システムの基本的な考え方は、設計者がCASEツールを利用して設計図面を書きながら設計知識を抽出し、設計知識ベースを構築し、更に抽出した設計知識を再利用して設計情報の展開を自動的に行わせることにある1このようにすることによりシステムの設計に使い易いものとなり、全体システムの設計コストも大幅に減少させることができる。
This paper reports on an experimental intelligent CASE (Computer Aided Software Engineering) tool featuring automatic software design as well as automatic design knowledge acquisition. The system is composed of a conventional CASE tool and expert systems. The main idea is that human designers use a CASE tool for an initial design of a software system and, designers' design knowledge is automatically extracted upon designers' command and stored in an expert system. Reusing thus acquired design knowledge by the expert system, a similar software design can be performed automatically. As this system saves many hours required for design, it is a much effective tool than a conventional CASE tool. As a result, the intelligent CASE becomes a convenient tool for software designers, which saves software development costs substantially.
Original Language: Japanese
 


 
   Research Doc. 1997-02 Click to download PDF version
Authors(s): 河野 善彌, 陳 慧,B.H. ファー,
Title:
"人の設計知識の構造とソフトウェア工学", (Human Design Knowledge and Software Engineering),
Transactions/Magazines/Conferences:
情報処理学会ソフトウェア工学研究会 97-SE-114, pp. 33-40, May 1997.
Abstract
ソフトウェアの自動設計には、知識等の大きな技術課題が多数ある。筆者らは人の設計に倣うエキスパートシステムによるソフトウェアの設計自動化を研究している。本論文は知的CASEツール、ソフトウェアの設計を自動的に行なう汎用的なシステムについて述べる.システムの基本的な考え方は、設計者がCASEツールを利用して設計図面を書きながら設計知識を自動的に獲得し設計知識ベースを構築し、獲得した設計知識を再利用して設計情報の展開を目動的に行わせることである。これらにより設計に使い易いものとなり、全体システムの設計コストも大幅に減少させることができる。
Original Language: Japanese
 


 
   Research Doc. 1997-03 Click to download PDF version
Authors(s): 化 吉龍,河野 善彌,陳 慧,B.H. ファー,
Title:
"ソフトウェアクリエーション: 交換接続制御プログラムの自動設計用の専用エキスパートシステム", (An Automated Software Design System by A Dedicated Expert System for A Switching Control Program),
Transactions/Magazines/Conferences:
情報処理学会ソフトウェア工学研究会 97-SE-114, pp. 41-48, May 1997.
Abstract
この論文は状構造を持つソフトウエアの1例について,人の設計の知識を取り出して再利用する自動設計システムの報告である。原理研究と実際的なシステムの試作の両面から報告している。これは人の設計知識をある設計工程の入出力変換と摘えて、その設計知識をエキスパートシステム化して自動設計を行なわせる方式をとる。これはハードウエアでのDesign Automationと同じ技術であり。ソフトウエアでも視点を変える事により可能になる事を指摘、この新しい考えで各種の自動設計システムが可能になる事を論じている。
Original Language: Japanese
 


 
   Research Doc. 1997-04 Click to download PDF version
Authors(s): Behrouz H. Far, H. Mukai, Zenya Koono,
Title:
"Intelligent Agents for Electronic Commerce", (電子商取引用知的なエージェントに関する研究開発),
Transactions/Magazines/Conferences:
1997年度人工知能学会 (第11回) 全国大会, pp. 482-485, Tokyo, Japan, June, 1997.
Abstract
A new challenge in AI is extending the functionality of traditional expert systems to be able to work on the WWW. Electronic Commerce (EC) is a potential application for such expert systems. In the Ex-W-Pert Project we have proposed an agent model for Electronic Commerce (EC)components that blends the traditional expert systems' reasoning engine with a multi-layer knowledge base, communication and documentation engines. EC is viewed as a society of software agents, such as customer, search, catalog, retailer, manufacturer, delivery and banking agents,that interact and negotiate with each other. Each agent has a knowledge-base and a reasoning engine, a communication engine and a documentation engine. The knowledge-base is organized in three layers: skill layer, rule layer and knowledge layer (S-R-K layers). In this project, for each EC agent, we identify the class of problems to be solved and build the knowledge base gradually for each layer. We believe that using this multi-layer knowledge base system will speed up the reasoning and ultimately reduce the operation costs.
Original Language: English
 


 
   Research Doc. 1997-05 Click to download PDF version
Authors(s): 陳 慧,B.H. ファー, 河野 善彌
Title:
"ソフトウェア自動設計における系統的なエキスパートシステムの構築", (A Systematic Construction Method of an Expert System Used for Automatic Software Design),
Transactions/Magazines/Conferences:
人工知能学会誌, Vol.12, No.4, pp. 122-132, July, 1997.
Abstract
This paper reports on a systematic construction method of an expert system for automatic software design. The systematic construction requires: 1. systematic knowledge acquisition; and, 2. systematic method for the design and the implementation. For the former, a software development organization with high maturity is taken as a target expert, and its hierarchical design work process is chosen as the knowledge model. The hierarchical design work process intersects with hierarchically organized documents. As design knowledge is thus hierarchically sectioned, systematic acquisition of the design knowledge becomes possible, resulting in a hierarchical framework with respective design process knowledge in each part. Based on this knowledge model, the model of an expert system for automatic design may be derived. Architecture design on this model is the first part of the systematic construction. For the latter, detail of systematic construction of an expert system unit, corresponding to a work process, is explained. Throughout the design, major Software Engineering practices are followed and further care has been taken to detail the design hierarchically in a small step. This systematic construction leads to a standardized procedures for actual design work. The expert system's characteristics of detailing of design and the learning effect of design knowledge are also reported.
Original Language: Japanese
 


 
   Research Doc. 1997-06 Click to download PDF version
Authors(s): Behrouz H. Far, Zenya Koono,
Title:
"電子商取引用知的なエージェントに関する研究",
Transactions/Magazines/Conferences:
電子情報通信学会知能ソフトウェア工学研究会, KBSE97-14, pp. 15-20, Nagano, Japan, July, 1997.
Abstract
現 在, 新たな商取引きの手段としてネットワーク上の電子商取り引きが注目されている. 本研究では,電子商取引を専門に行うエキスパートエージェントを複数構築し, 具体的に,顧客,サーチ,カタログ,小売,ベンダー,運搬エージェントなどを実現する.各エージェントの基本構成を統一することにより, システムの構築が容易になる.取り引き自体にユーザーが労力を使わずにすむようにするために, 電子商取引に必要となる作業を全てエキスパートエージェントに代行させる. これにより, ユーザーは電子商取引を行うための手順を知る必要がなくなり, ユーザー本来の目的である商品の売買や, 情報の収集といった作業に専念することができる.
Original Language: English
 


 
   Research Doc. 1997-07 Click to download PDF version
Authors(s): Behrouz H. Far, Zenya Koono,
Title:
"設計用分散型エキスパートシステムの実現",
Transactions/Magazines/Conferences:
電子情報通信学会知能ソフトウェア工学研究会, KBSE97-17, pp. 17-24, Tokyo, Japan, September, 1997.
Abstract
本研究の目的は, ネットワーク技術を設計知識ベースと設計ドキュメントに適用することである。 散在する設計チームを対象とするには, 分散型知識ベース, 分散型設計ドキュメンテーション, 推論エンジンを実現しなければならない. 本システムの分散型知識ベースは、設計工程知識と設計対象知識を格納している. 分散型推論エンジンは, 機能推論とサーチ機能を持つ. ネットワーク上に複数存在する分散型推論エンジンは、各々が所有する知識ベースだけでなく他の知識ベースもインターネット経由で利用し、推論を進める ことができる. 分散型設計ドキュメンテーションは WWW を利用して設計ドキュメントを提供する. これにより各設計者が持っている設計知識を交換するだけでなく, 推論エンジ ン の支援によりあたかも他の設計者の知識を自己の知識のように活用できる環 境を実現できる. 従って, 各設計者が固有に持つ知識をグループ全体で利用で きるため, グループ全体の設計効率と質を高められる。
Original Language: English
 


University of Calgary Last modified:

fare-mailacm.org